過度なストレスが原因となって、耳が聞こえにくくなったりもします。 ストレスで耳が聞こえにくくなる心因性の難聴(伝音性難聴、感音性難聴、混合性難聴などに分けられています)をストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)難聴(生まれつき聴力が弱い場合もあれね、何らかの原因によって、後天的に難聴になる場合もあるでしょう)といいますが、機能性難聴と呼ぶこともあるようです。 ストレス難聴は年齢に関係なく発症してしまう難聴で、本人は「聞こえにくい」と感じているものの、検査しても耳には何の異常も見られず、耳が聞こえにくい原因がわかりません。 耳が聞こえにくくなる場合、聴覚に関連する外耳や中耳、内耳、蝸牛神経、脳幹のいずれかの障害が原因となっていることが多いのですが、そのような障害が全く見受けられませんのです。 病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)や薬の服用など、耳が聞こえにくくなっている原因に心当たりがなく、検査によってもわからない場合には、ストレス(完全になくすというのはなかなか難しいでしょう)難聴だと診断されることが多いでしょう。 このような心因性の難聴の場合、どちらかの耳だけに起きるのではなく、両耳が同時に聞こえ難くなるという特徴があります。 女性や子どもに多く見受けられ、特に子どもの場合は学校や家庭に問題があるケースが多いそうです。 検査で障害が見受けられないことから、子どもだったら「仮病」と疑われる場合もあるかもしれませんねが、仮病とは違いますー